新生村 ~その8 嘘ばかり~ - アナ速 ~DQⅩ初心者応援ブログ!~
2017/07/28

新生村 ~その8 嘘ばかり~

20070628_30407.jpg

古田P/Dの話はとても長かった。
回りくどく要点を掴みにくい話し方をする人みたいで正直途中から断片的にしか話は聞いていなかった。率直に言うとほとんど寝ていた。

とはいえ簡単にまとめると大体こんな感じで合っているだろう。

「新生村も新生教も以前失敗したが私たちが頑張ったので今は素晴らしいものになった」

新生村と新生教の旧体勢批判が話の大半で「前よりは」「以前よりは」など過去を否定する言い回しが非常に多かった。
批判や自慢を繰り返す古田さんの横で室伏さんがひたすら「ええ」「そうですね」などと無機質な相槌を打つ。
そんな退屈な話を聞いていたらなんだか眠くなり私は無意識に目を閉じて居眠りしそうになっていたようだ。





「もう終わるよ」

どれぐらい経ったのかは知らないが古田さんの話が終わるようだ。
心美が腕を掴んでほとんど寝ていた私の意識を食堂へと引き戻してくれる。

……やば、なんかよだれ出てる。

まだ夕方なのだがいろいろあったせいか思ったよりも疲れているのかもしれないと思った。
すると吉田さんが締めの挨拶に取り掛かる。

「それでは皆様お疲れでしょうし今日は特に『トライアル」は無いです。このあとは一緒に夕食を取っていただいてその後男女別々に温泉に入っていただく流れとなります。」

食事と温泉と言う単語を聞いただけで目が醒めてテンションが上がるのを感じる。
では解散です、またのちほど、と室伏さんが手を叩いてその場をお開きにする。





瑠衣「それで、どのへんまで起きてたんだ?」

瑠衣が呆れた顔で聞いてくる。
なんだか凄く駄目な子みたいな目で見られたのが嫌で少しだけ盛って答えてみる。

明日香「大体は。多分八割ぐらい。」

瑠衣はさらに呆れた顔で問いかけて来る。

瑠衣「じゃあトライアルって何?」

私は堂々と答える。

明日香「わかりませんなんですかそれは」

心美「ようするに明日からの作業だよ。私達女子は主にこのFC内の作業みたいだね。食事とか洗濯とか掃除みたい。」

心美が横から答える。そういえばここに入ってからなんとなく感じてはいたけれどウェブサイトで見た写真と違って非常に女性が少ないように思える。

明日香「ねえ、そういえば女の人あんまり見なくない?」

思ったことをそのまま口に出して聞いてみる。

心美「うん2割ちょっとってところじゃないかな?3割はいないと思う。」


……まぁやっぱりこういうのって女性の応募が少ないからあんな風に女性ばっかり写ってる写真選んでたのかな?
女性の少なさに少しだけ心細い感じもしたがまぁそんなに困ることもないだろうし何より部屋は女だけだし、と気を取りなおした。

そんな話をしていたら私達の部屋に到着する。
鍵を開けて中に入りベッドにボフン、と倒れ込む。
スマホで時間を見ると夕食の時間まではあと1時間ほどあった。

明日香「これ夕食まで部屋にいなきゃいけないのかな?」

瑠衣「いや、自由時間だって言ってたよ。外でてもいいって。ってかやっぱ聞いてないじゃん。」

……私が夢の世界にいる間にこの時間の過ごし方についても説明があったらしい。
ありがとう瑠衣。あなたが聞いていてくれたおかげで明日香ちゃんは困らずにすんだよ。

外は若干暗いが周りを歩くぐらいならいけるんじゃないかな?
外は謎の花の臭いで臭かったのを思い出すが好奇心がそれに勝る。

明日香「ねえちょっと外歩いてみない?」

二人に聞いてみる。瑠衣はいいよ、と軽く答える。
心美は「疲れたから休みたい」というので二人だけで軽く外を歩いてみることにした。

立ち上がって外に行こうとすると舞さんと佐伯さんが部屋に戻ってくる。

「あれ?どっかいくの?」
明日香「はい。ちょっとだけそのへん散歩してきます」

すると舞さんが少しだけ険しい顔になりこう言う。

「二人だけで?大丈夫?ついていこうか?」

明日香「あ、いえ大丈夫です。本当にFCとその周り歩くぐらいですから。」

そう?と少しだけ不安そうな舞さんに軽く会釈をして部屋を出ようとすると何故か休むと言っていた心美が立ち上がり着いていくる様子を見せている。

明日香「ん?どしたの?休むんじゃないの?」



心美はとても納得の出来る翻意の理由を話した。


心美「この部屋、wifiつながらない」









……ウェブサイトの説明だと「FC内はwifi完備!」という感じだった。
確かに嘘じゃないよね。wifiの電波確かに出てる。うん2階でも反応自体はある。

ネットが出来るほど強くは届いてないだけで。

外に出る前にまずは心美がネットを出来る場所を探す。

心美「おぉ?」

と心美が立ち止まったのは「FCメンバールーム」とドアに張り紙がされた部屋の前だった。
多分私達のようなビジターではなく正式なメンバーの人が待機する部屋なんだろう。
おそらくこの部屋の中にwifi発信機(正確な名前知らない)があるのだろう。
部屋の前の廊下に灰皿が設置されていてその横にいくつか椅子が置いてある。

心美「じゃあ私ここにいるね。飽きたら部屋に戻るかも。」

心美はその椅子に座りさっそくスマホをいじっている。
心美を1人残していくのが少し心配だったがFC内なら大丈夫かな?
でもさっきから何人もすれ違っているぐらい人目もあるし問題ないか。

私と瑠衣は心美にまたあとで、と軽く挨拶をして「昇降口」から外に出る。
もしかしたら「玄関」とか「エントランス」とか違う名称で呼ばれているのかもしれない。
でも学生である私にはそこはどう見ても昇降口でしか無かった。





心美がFC内に残ったのはもちろん二人に説明したとおり疲労もある。
ただどうしてもスマホで調べたい事があったからだ。
試してみたがなんとこのFCはスマホの電波が届いていない!
そうなるとネットをするにはwifiでもないと駄目らしい。

心美はスマホでブラウザを開き以前にもスマホで見た「新生村」ウェブサイトの案内写真を確認する。そして「やっぱり」と独り言をつぶやく。

心美がまず気になったのがFCの外観。
ウェブサイトのものは明らかに修正が加えられており本来あるはずの木材の腐敗や窓ガラスのヒビなどが消されている。

心美が次に気になったのが古田P/Dの外観。
ウェブサイトのものは実物よりも若々しくハンサムに修正されているようで実物を見た後だととても同一人物には見えないぐらいに修正が施されている。

心美がさらに気になったのが同じ部屋になった二人の事。
心美は舞さんと佐伯さんが自分達の2つ前のグループとして案内されたのを見ていた。

つまり何が言いたいかと言うと私達と部屋に到着した時間にせいぜい1分程度しか差が無いはずなのだ。
そのたった1分に舞さんはトイレの位置を確認して文字が消えかけていることまで把握したというのだろうか?不可能ではないが荷物を置いてすぐにダッシュでもしてもどらなければこの情報を手に入れる事は不可能なはずだ。

さらにもう一つ気になったのが「何故舞さんは食堂の位置を知っていたのか?」ということである。

そもそも食堂に入る時に案内板を見たのだが「職員室」とかすれた文字で書いてあった。
元々職員室として使われていた部屋なのだろう。
ようするにものすごく目が良くて反対側から案内板が見えたとしても食堂だとわかるわけがないのである。

そして部屋に案内された時の階段と反対側に食堂はあった。
中を見なければ食堂だとわからないものの位置を何故知っていたのか?

舞さんの説明だとウェブサイトを見たから、ということだったが
今調べた限りではどこにも食堂の写真なんて無かった。

もしかしたら過去に掲載されていた可能性はあるが少なくとも今ウェブサイトに食堂の位置を前もって確認できる情報は無い。

これぐらいならまだ気にするほどでは無かったのかもしれない。
これらに加えて古田P/Dの話も非常に「うさんくさい」ものだった。

「新たな」「素晴らしい」「革新」「人間らしく」などと抽象的な言葉を並び立てているだけで具体的に何が素晴らしいのか、などそういう話がぜんぜん無かったのだ。
ただ旧体制を批判して相対的に今現在が良いというだけで何が新生村において新しいのか、革新的なのか、人間的なのか、とか説明が行われなかった。

質疑応答の時間も短時間ながらあった。
だがその返答もはぐらかすばかりで明確に返答した質問は無かったと思う。
例えばこんな感じだ。

「新生村は武者小路実篤が提唱した『新しき村』の模倣なのでしょうか?」

という質問に対しては

「今現在グローバル化が進む社会において私達人間は人と人との結びつきをより……」

などと関係ありそうで関係のない話ばかりして結局最初の質問には答えない、こんなのばかりだった。

明日香は横で寝ていたが私も無意味に難しい言葉や表現を並べるだけで中身の無いスピーチにはうんざりしていたし寝ていたほうがましだったと思う。



ただ、嘘も理由がわかればまだいい。
怖いのは理由のわからない嘘だ。


数々の修正や古田P/Dの話にあった「嘘」はまだわかる。
新生村をよく見せようとする嘘なのだろう。


では舞さんの嘘はなんなのだろう?
わからない。それが不気味だった。



「こんにちは」



心美は唐突に横から話しかけられてものすごくびっくりしつつそちらを向く。

見るとトイレに行った時に見たスポーツマン風の男性だった。







関連記事


コメント

非公開コメント

No title

だいぶホラー風味になってきました

(´・ω・`)似ている…らんらんの知っている恐ろしいゲエムに…

No title

集団生活……ヤマギシ……うっ頭が

No title

直結厨おおすぎない?

怖すぎでは?
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.