新生村 ~その4 海、山、廃墟~ - アナ速 ~FF14ダメ!ゼッタイ!~
2017/04/24

新生村 ~その4 海、山、廃墟~

haikyo-0413164554-564x376.jpg 

車内にはパーキングでの出来事のせいもあり重い空気が漂っていたが
その景色はそんな重苦しい空気を吹き飛ばすのには十分だった。

「なにこれすっごい!海と山があるよ!海と山!あと廃墟!」

心美が実に素直で率直すぎる反応で感動を伝えてくる。
スマホの時間を見ると出発からちょうど三時間程、バスが新生村に到着したのだ。

スマホを取り出したついでに再度新生村について予習することにする。
新生村は山ばかりの半島の海沿いに位置している村である。
30年程前、海と山に囲まれ昔ながらの景観が残る村に目をつけた企業によってリゾート地としてPRされたこともあったようだが、全くその成果が実ること無く、バブル崩壊もあり開発業者も倒産し廃村同然になっていたところを「新生」という思想団体……確かの宗教法人だったと思うが……が目をつけて集団移住したのが今の新生村である。

村名も元々は「今生村」といいさらに歴史を遡ると古くは江戸時代から昭和の初期まで金鉱山銅鉱山の採掘で栄えた町だったと言う。
実は村の最盛期はその頃で多いときには6000人ほど村人がいたそうだが今は2200人ほど、と今見ている公式サイトには書いてある。
僅かな平地の四方を海と山に囲まれたなんだかファンタジー世界のような村である。
村への出入り口は今私達が通っている海岸沿いの山に作られた細い道1つしか無い。
もしかしたらそれがリゾート計画も失敗した一因なのかもしれない。

一日数本のバスしか通らないような私達都会の人間には信じられない交通事情である。

また、この新生村はかつて文豪武者小路実篤が提唱、開村した「新しき村」に大きな思想的影響を受けた村らしい。
その開村精神も武者小路実篤氏の思想の影響を大きく受けている。というか酷似している。
これもまたwikiの説明によるとこうである。

★新生村の精神
一、全村民が義務を全うし自我を完全に成長させることを理想とする。
一、その為に、自己を生かす為に他人の自我を害してはいけない。
一、その為に自己を正しく生かすようにする。自分の快楽、幸福、自由の為に他人の行動、思想を害してはいけない。
一、全村民がと同一の思想、精神をもち、同一の生活方法をとる事で全村民が同じく義務を果たせように心がける。
一、かくの如き生活をしようとするもの、かくの如き生活の可能を信じるものは皆我らの家族である。
一、皆が「気づき」を得られし時、真の新生は果たされるであろう。


……徹底した集団主義とでも言うのだろうか?
わかりやすく言うと「みんな仲良く協力して暮せば幸せになれる」みたいに意味に取れる。

ただ、最後の一文だけがよくわからない。

「真の新生」

そう、もはや廃村を待つだけだった村に新生関係者が移住し、その後活気づかせた事を「新生」っていうんだっけ。
でもそれなら真の新生ってなんだろう。
この新生村には何か別の目的でもあるのだろうか?


でも何故ここを移住地に選んだのかは見ただけでなんとなくわかってしまう。
何か新しい事が出来る、新しい世界が作れる、そんな気持ちにさせる景色が広がっている。

三方向から村を囲むように存在する山はまるで村を外界から守っているようだ。
海もちょっとした海岸があり美しい。きっと夏に泳いだら素敵だと思う。

何よりも気に入ったのは村に放棄された廃墟の数々。
そうなのだ。この村に一番人間がいたのは100年も前の話なのだ。

朽ち果てた木造の家、採掘施設の一部?のような建物がまるで時間を止めたかのように私達を迎えてくれる。撤去するような予算もなく朽ちるに任せているのだろう。
すべてが廃墟と言うわけでもなくおそらくは今も住人がいるであろう比較的新しい家も目に入る。

瑠衣は言う。
「なにここ。コンビニとかぜってーねーだろ!こわ!何あの家!崩れてるじゃん!」

心美は言う。
「なんか綺麗だね。見たことあるわけないのに懐かしくてなんか胸がざわざわする。」


私はどちらの意見にも賛成して言う。
「住むには最悪だろうけど一週間過ごすのにはいいかもね」


「ではこれから皆さんの宿泊場所でもある『元今生村学校』に向かいますね。
私たちはもっとモダンに『FC』とだけ呼んでますが」 

先程見せた狂気は微塵も感じさせずに室伏さんが説明してくれる。
いつの間にかバスの中の空気も一変しており先程あった少し嫌な出来事も皆忘れてしまったようだった。

不気味で美しい。

それが私が見た新生村の第一印象だった。


関連記事


コメント

非公開コメント

(´・ω・`)穏やかなシーンなのに
(´・ω・`)頭の中に弟切草のオルゴールの音が流れてきてこわいー

続ききたーありがとうすごいたのしみにしてる

>>弟切草とかまいたちの夜と街と428は大好きなので多分どこか似ててもおかしくはないですw

>>4つぐらい展開考えてましてサスタシャ脱北ルートだとあと2話で終わるんですがどうしましょ。シュタゲみたいにいろいろ楽しみつつ真相にたどり着くように書くと本当に40話とかに。

40話分のトラウマに戦慄するわ・・・

あいかわらず読ませてくれるなあw

冒頭で黒い背広を着たタモさんが話しかけてきそう
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.